不眠症と関係のあるセロトニンとメラトニン

メラトニンは、睡眠ホルモンとよばれ、不足することで不眠症を引き起こすことがあります。メラトニンは、日中よりも夕方から夜間にかけて分泌されます。メラトニンが分泌されることで、副交感神経系が優位になり、眠りにつくことができます。そのため、生活リズムの乱れやストレスにより分泌が乱れることで自律神経系の乱れなどを引き起こし不眠症になります。
また、メラトニンは、セロトニンがうまく働かないと不足してしまいます。セロトニンは、身体的、心理的、社会的、物理的など様々なストレスにより不足します。
不眠症を改善するとには、メラトニンを増やすことです。増やすためには、朝起きたら太陽の光を浴びることです。強い光の刺激である太陽光が目から入るとその光の刺激が脳の松果体に伝わり、分泌されるようになります。太陽光により体内時計をリセットされ、光を浴びた14時間から16時間後に分泌されるようになります。
また、生活リズムを整えることも重要です。生活リズムの乱れにより分泌も乱れていきます。できるだけ毎日同じ時間に起きるように心がけることです。
他にも、セロトニンを増やすことでうまく働くようになるため、メラトニンの分泌も増えます。セロトニンは、ジョギングや階段上りなどの運動により活性化されます。また、適度な運動は、身体をほどよく疲労させてくれるため、眠りの質を高めることができます。セロトニンを作り出すためには、食事も重要です。