不眠症やうつはストレスが原因

不眠症やうつはストレスが原因

うつ病と不眠症はセットと考えられるくらい密接な関係があります。不眠症やうつ病は過度のストレスが肉体的、精神的にかけられたことによって発症するケースがとても多いです。その原因は脳にセロトニン、ノルアドレナリンという神経伝達物質が減少してしまうことです。この脳内神経伝達物質が減少すれば誰でもうつになります。そのため、結婚や出産といったおめでたいことでもうつになるのとがあるのはそのためです。ドーパミン神経、ノルアドレナリン神経、セロトニン神経の3つが心に重要な神経です。ドーパミンが暴走すると満足できない状態になってしまいます。この暴走を食い止めるのがセロトニンです。脳内で危険を感じる役割をするのがノルアドレナリンです。ストレスに過剰に反応するので、不安神経症やパニック障害を引き起こす原因にもなります。セロトニンは不安を感じるということもコントロールしています。 不眠症に悩んでる方はうつ病を治せばおのずと不眠も治ります。そのためにはセロトニンが必要になります。セロトニンを作るにはトリプトファンとビタミンB6という栄養素が必要です。トリプトファンは必須アミノ酸の1つで体内で生成ができません。トリプトファンがヒマワリの種にたくさん含まれていますが、必要量食べるのはなかなか難しいので、サプリメントを活用するのがオススメです。セロトニンが作れたらメラトニンというホルモンが分泌され、眠りを誘発させます。夜などはなるべくストレスをかけずにゆっくり過ごすよう心掛けるのも大切です。