不眠症とパニック障害の関係性

パニック障害の人の中には、不眠症により眠れないことや疲れが取れないことに悩んでいる人がいます。不眠症は、パニック障害などの精神疾患を抱える人の共通の症状でもあります。
パニック障害の人が不眠症になる原因として、脳への血流障害によりブドウ糖不足や酸素不足で脳機能が十分に働かず、自律神経の働きが悪くなることが原因のひとつと考えられています。自律神経は、交感神経と副交感神経により成り立っています。昼に活発な交感神経と夜に活発な副交感神経は、時間や状況によって自動的に切り替わるようになっています。しかし、働きが悪くなると入眠時に副交感神経にうまく切り替わらないようになり、不眠症になりやすいです。
また、自律神経が興奮状態を保ったままの状態では、身体が硬直し、脳へ異常な信号が送り続けられます。筋肉が硬直した状態では、精神がゆったりすることは難しいため、その結果、眠りにつきにくくなります。
眠ろう眠ろうと意識しすぎると余計に眠れなくなってしまうため、その場合には、無理に寝ようとせずに温かい飲み物を飲んだり、本を読むなどリラックスすることです。
不眠症もパニック障害も根性や気合で克服できるものではないため、眠れないことでパニック状態になるようであれば、心療内科などを受診し、睡眠導入剤を服用することです。用法用量をしっかりと守ることで、日中眠くなることはなく、最終的には、睡眠導入剤なしでも眠れるようになれます。