不眠症解消、生活リズムの改善

眠りが浅い不眠症の原因と改善方法について

眠りが浅いという言葉が定着していますが、この言葉には三つのタイプがあります。
なかなか眠りにつくことができないタイプと、中途半端な時間に起きてしまうタイプと、
朝早い時間に目覚めてしまうタイプです。

 

どのタイプの眠りが浅い人でも、不眠症という扱いになります。
原因は人によって様々ですが、スマートフォンやパソコンを寝る直前まで見ていると、
脳が刺激を受けた状態なので、眠りにつきにくくなってしまいます。
悩みやストレスがあるのも大きな原因になります。
また、生活習慣の中にも原因はあります。
起床時間や就寝時間が一定していないと、体のリズムが崩れてしまい、
眠りが浅いことにつながります。

 

ですから、不眠症を改善するためには、生活リズムを整えることが大切です。
毎日決まった時間に起きて寝るようにするだけでなく、
食事もきちんと三回食べるようにしましょう。

 

運動不足の場合は、少し体を動かすようにすると、
疲労を感じて不眠症の改善につながります。
ただ、寝る直前の運動は逆効果ですので、寝る2時間までに行うと効果的です。

 

そして、お酒を飲む習慣がある人も改善するポイントがあります。
お酒を飲むとぐっすり眠れると思っている人がいますが、
実は眠るというより、意識が飛んでしまっている状態なので、眠りは浅くなってしまいます。
寝る前の飲酒は避けて、ゆっくりと落ち着いて眠れる環境を整えましょう。
カフェインには覚醒作用があるので、コーヒーや紅茶も避けましょう。