不眠症改善。グリシンでぐっすり寝よう。

「自分てちょっと寝つきが悪いな」、「眠りが浅いのか途中で起きてしまう」、「早めに寝てぐっすり寝たはずなのにやる気がでない」、と感じることはありませんか。そういうタイプなんだろうと軽く思っていたら、それってじつは「不眠症」である可能性も。

 不眠症であるかの判断基準は、次にあげる4つの大まかな症状に当てはまっているかです。布団に入ってもすぐに寝れない、「入眠困難」。眠りに入っても朝までぐっすり眠り続けられず途中で起きてしまう、「中途覚醒」。思いのほか朝早くに目が覚めてしまう、「早朝覚醒」。たっぷりと時間をかけて眠っているはずなのに、疲れが全然とれていなく疲労回復の意味の睡眠ができていない、「熟眠障害」。これのどれかに当てはまっている方は、不眠症の恐れがあります。

 睡眠は、人間の健康維持には欠かせない重要なもの。質の良い睡眠ができないと、心身の状態を良好に保てなく、最終的には大きな病気を引き起こしかねません。

 では、どうやって眠りを良くすれば良いのか。病院に行って、薬を処方してもらうしないのだろうか。不眠症は軽い症状の内でしたら、わざわざ病院に行く必要もなく自力で改善することが可能です。それには、「グリシン」という成分を摂取するようにしましょう。グリシンは、血行を良くする作用があり、それにより手足の指先まで血が巡り手足の部分の冷えた血液も体全体に巡り、体温が下がっていき良い睡眠を得やすくします。体温が下がっている状態の方が、睡眠の質は深まる傾向があるからです。

 グリシンは魚介類に多く含まれているので、食事のおかずに魚を増やしてみましょう。お手軽に飲みたい場合は、サプリメントも最適です。