4つのタイプ別 不眠症の症状【あなたはどのタイプの不眠症?】

不眠症という言葉はよく聞きますが、その症状には様々なタイプがあるのをご存知でしょうか。
大きく分けると4つに分類されますので、質の良い睡眠をとれていない場合には、どれが自分に当てはまるのかを把握し、それに沿った改善策をみつける必要があるのです。

 

まず1つ目は、布団に入っても意識がハッキリして全然寝付けない状態を、入眠障害と言います。
ストレスを受けているとなりやすく、その影響で朝起きるのがツラくなってしまいます。

 

2つ目は、すぐ寝付けたとしても夜中に何度も目が覚め、その後眠りが浅くなる中途覚醒です。

 

3つ目は、寝付きもよく眠れたと思っていても、実は眠りが浅いためしっかりと睡眠をとれていない熟眠障害です。
これらは質が悪い睡眠のせいで、日中眠気が襲ってくる可能性もあり、仕事などに支障が出る恐れがあります。

 

そして最後の4つ目には、早朝覚醒が挙げられます。
これは布団に入ってから眠ったあと、起床時間より何時間も早く目が覚めてしまう状態のことです。
朝が強いイメージがある高齢者が、これに当てはまるかもしれませんし、若い人でも精神的にダメージを受けているときには、この症状になることもあります。
このケースでは、その日の夜の睡眠を考えてパッと起きた方がいいそうです。

 

どれか心当たりがあるものがあれば、それにぴったりの方法で改善させるようにしたいですね。

4つのタイプ別 不眠症の症状【あなたはどのタイプの不眠症?】記事一覧

さぁ寝ようと思って布団に入ったものの、眠りにつくまでに30分以上かかる、しかもそれがたまにではなく習慣になってしまっている状態を、不眠症の中でも入眠障害と呼ばれています。入眠障害の原因は、心が緊張状態だったりストレスや不安感があるなどしてリラックスしていない、睡眠のホルモンと言われているメラトニンの分泌が充分でない、夕方以降にカフェインを多く摂取している、体温があまり下がっていない、などが挙げられ...


不眠症の中でも、寝付きはさほど問題ないのに、夜中に何度も目が覚めてしまう、しかも一度目が覚めたら再び入眠することがなかなかできないという種類の不眠症を中途覚醒と言います。この症状が1日だけとかたまに起きてしまう程度なら心配ありません。そのようなことは誰にでもあるでしょう。ですがこれが週に3日以上あり、さらにそれが何週間も続いてしまうようだと中途覚醒を疑う必要があります。中途覚醒が起きてしまう原因は...